センサー部品
SST-増圧圧力センサー

型番
BS
発動機の排気圧を測量してECUへ出力し,発動機の負荷を計算してEGR率を調整。 

 
  • 測量精度が高く,ECUが発動機の排気圧に対して精確に測量ができる。
  • 製品の信頼性が高く,寿命が長いため,自動車システムの悪質環境下での仕事に適する。
  • セラミック式コンデンサ構造は,媒介測量における互換性が良い。
  • 仕事圧力範囲:69.0~368.2kPaA
  • 安全圧力:848kPa
  • 爆破圧力:1.117MPa
  • 仕事温度範囲:- 40°C ~ 135°C
  • 供給圧力:5±0.25V
  • 出力電圧:0.145 ~ 4.84VDC
  • 精度範囲:±3% @ - 40℃ ~ 125℃
  • 組み立て位置:排気管上,またはターボチャージャーの前

SST-増圧圧力センサー

型番
BS

発動機の排気圧を測量してECUへ出力し,発動機の負荷を計算してEGR率を調整。 

 
  • 測量精度が高く,ECUが発動機の排気圧に対して精確に測量ができる。
  • 製品の信頼性が高く,寿命が長いため,自動車システムの悪質環境下での仕事に適する。
  • セラミック式コンデンサ構造は,媒介測量における互換性が良い。
  • 仕事圧力範囲:69.0~368.2kPaA
  • 安全圧力:848kPa
  • 爆破圧力:1.117MPa
  • 仕事温度範囲:- 40°C ~ 135°C
  • 供給圧力:5±0.25V
  • 出力電圧:0.145 ~ 4.84VDC
  • 精度範囲:±3% @ - 40℃ ~ 125℃
  • 組み立て位置:排気管上,またはターボチャージャーの前